復讐の芽 ***藤林長門守*** 夢の芽6
復讐の芽 ***藤林長門守***
夢の芽6
 この抜け忍村は無数あるまやかしの道から逸れた滝壺の奥にある。まやかしというのは獣道だ。だがどれもが村に繋がらず地獄谷に向かっている。その滝壺の奥に蛇道のような通路があり源蔵爺の小屋はその道を塞ぐように立っている。
 凛と野草を摘みながら炭焼き小屋を覗く。
「こら来るなというてるに」
と言いながら顔は笑っている。昔はお祖母ちゃんとも組んで外の仕事をしていた。
「ここに外から忍者が入ってきたことは?」
「儂が小屋を建ててからはないあ」
「15年前?」
「お前を運んできた男だな。あの頃は小屋もなく通り抜けられた。だがあのものはなかなかの男だった。まやかしの道を抜けれるものはそういない」
「あの頃藤林で大火事があった?」
「あった。茉緒は藤林に行ったのだそうだな。その男も顔中火傷だったわ。だが致命傷は脇腹の一刺し。お婆が大切に飾っている刀はその男のものだ」
 あの刀が父の刀なのか。
「藤林が来るとなると全員駆り出されるぞ」
 茉緒は黙って米の袋を一つ置いて外に出た。






スポンサーサイト

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

yumebito86864

Author:yumebito86864
夢人です。『夢追い旅』『ぽろんの女』『空白』『刺青』と書き続けてきましたが、すべて古いノートから書き起したものです。今回は初めて時代物でこれは私の夢の中で永い時間をかけて育ったものです。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR