復讐の芽 ***藤林長門守*** 夢の芽5
復讐の芽 ***藤林長門守***
夢の芽5
 初仕事は無事に終わった。頭の納屋に入って5人で集めた情報を書き物にまとめる。書き上げると頭に見せて了解が出たらもう2部作る。ここからは茉緒一人の作業だ。それぞれは今回は米を袋に入れて帰っていく。無事に提出すると頭のいる部屋に通される。
「茉緒は頭巾の中を見たか?」
「いえ、ずっと着けていました。そうかこちらの依頼人が15年前の火事の後別人のようになったと言ってるのだ」
「でも奥方と寝るときは外しているかと?」
「それほど仲がいいのか?」
「そのように見えまする」
「ところで抜け忍狩りは藤林が?」
「本人が言っていました」
「分かった。茉緒は2袋持って行け」
 頭を下げて床にある袋を2つ持って外に出る。凛が木の上から飛び降りてくる。その時頭の中でひらめいたものがある。
「藤林の館の前に小川が流れていたね?」
「ああそうだとも」
「館の周りは?」
「森のようだった」
「私の夢に出てくる小川のある森は石垣を除けばよく似ている」
「古いことなら源蔵爺に聞いてみるといい。炭焼き小屋にいつもいる」
 源蔵爺は前の抜け忍頭で今はこの村の唯一の出入り口の門番だ。





スポンサーサイト

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

yumebito86864

Author:yumebito86864
夢人です。『夢追い旅』『ぽろんの女』『空白』『刺青』と書き続けてきましたが、すべて古いノートから書き起したものです。今回は初めて時代物でこれは私の夢の中で永い時間をかけて育ったものです。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR