復讐の芽 ***藤林長門守*** 天下の行方11
FC2ブログ
復讐の芽 ***藤林長門守***
天下の行方11
 茉緒は秀吉の山崎の陣を確認しながら戦場になるだろう場所を探索して回る。3か所目で予想していた服部忍軍とぶつかった。
「2人が矢を受けました。服部です。前回より人数が増えています」
「こちらは?」
「正面に5人、後ろに5人を回しています」
 なぜここまで服部忍軍が出張ってきているのか。家康と光秀の約束とは?
「秀吉軍が進軍を始めました」
 見張りから伝令が来る。
「よし、切り込もう」
 草むらに踏み込むとやはり服部忍軍は移動を始めている。後ろに回った下忍と殿の服部が切り結んでいる。茉緒は峰打ちで1人を倒す。5人に追跡させ猿轡をはめた下忍を小屋に運び込む。素早く薬を飲ませる。しばらくすると目がとろんとしてくる。
「なぜここに来た?」
「救出」
「誰を?」
「あ・・・」
 そこで舌を噛んでしまう。
 家康は明智光秀を救出する?もう一つピンと来ない。
「明智軍が撤退始めました」
「撤退は?」
「この尾根道の先です」






スポンサーサイト

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

yumebito86864

Author:yumebito86864
夢人です。『夢追い旅』『ぽろんの女』『空白』『刺青』と書き続けてきましたが、すべて古いノートから書き起したものです。今回は初めて時代物でこれは私の夢の中で永い時間をかけて育ったものです。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR