復讐の芽 ***藤林長門守*** 混沌1
復讐の芽 ***藤林長門守***
混沌1
 この時代の伊賀は忍者の束ねの豪族がひしめき合っていた。抜け忍村などはその数に入らない。だが茉緒のいた時代は服部、百地、藤林に束ねられつつあった。
 茉緒は百地に小頭と半月にもわたり商人と色女として逗留することになった。小頭は茉緒に気があり毎晩誘いをかけてくる。幸作のようにはいなせず遂に抱かれることになった。でも抱かれたと言ってもそれだけのことだと茉緒は思っている。くの一の定めでもある。だがそれで小頭は茉緒に気を許すようになっている。
「今日は百地の小頭と会う。その後お前は小頭に抱かれるんだ」
と言われて旅籠の隣の部屋で素裸で寝かされる。抜け忍の小頭は柘植の使者として百地と交渉している。
「手を結ぶのはいいが柘植の動きがいまだ納得できない。柘植の手のものとして服部の金庫番を襲ったのは承知している。だが我が百地の間者はあの指示は服部宗家が柘植に依頼したと聞く。宗家が資金を手にしたかったのだそうだな?」
 茉緒は驚いて耳を澄ませる。
「柘植の宿命なのですよ」
「なら国境の豪族を消すのだ」
「それは百地の?」
「確かに身内だが服部と通じている。それにお前も柘植の抜け忍じゃないか。応分の手当ては出す」
 しばらくして話が途絶えて襖が開いて男の体が潜り込んでくる。茉緒は恥ずかしそうに身を曲げて尺八をしながら男を後ろの穴に引き込む。間断なく締め付けるとまず持たない。
 小頭はお頭の魁とは違うことを考えているようだ。屋根裏にいる2人の下忍はすでに小頭の腹心だろう。そして茉緒も腹心と考えているのだろうか。この後必ず小頭が求めてくる。




スポンサーサイト

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
こんにちは
はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説・短歌」で検索できます。一度訪問してみて下さい。
【2015/06/04 17:08】 URL | 鬼藤千春の小説・短歌 #g.qUwJtQ [ 編集]

寄せてもらっています!
> はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説・短歌」で検索できます。一度訪問してみて下さい。


寄せてもらっています!
昔は短歌を書いていた時期があります。
【2015/06/05 07:02】 URL | yumebito86864 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

yumebito86864

Author:yumebito86864
夢人です。『夢追い旅』『ぽろんの女』『空白』『刺青』と書き続けてきましたが、すべて古いノートから書き起したものです。今回は初めて時代物でこれは私の夢の中で永い時間をかけて育ったものです。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR