復讐の芽 ***藤林長門守*** ミステリー
復讐の芽 ***藤林長門守***
大海へ11
 久しぶりの抜け忍村だ。だが畑にいるのは年寄りばかりだ。リーを連れて母屋を覗く。源爺が片腕の妻とお茶を飲んでいる。傍らに若い女が赤ちゃんを抱いている。
「まだ赤ちゃんがいたのだな?」
「此奴が孤児を育て始めている。7人も今はいるわ」
 抜け忍村は昔から孤児を育てて下忍にしてきた。戦士の補充として伊賀は当たり前のことだ。
「服部はどうだ?」
「主力は江戸だが偽の抜け忍村に時々に現れている。だが最近はまやかしの道に柳生が。これは薬売りの情報だが豊臣の財宝を宗久が藤林に運ばせたと噂だ」
 藤林は凛が頭の頭巾を被って動き回っていたのだ。
「薬草園を吉野に?」
「今は薬草が主力になったからのう。こちらの薬草園では5人、吉野は6人が働いてる。ところでいつアユタヤに行く?」
「実は豊臣の財宝の噂は事実なのだ。だが宗久が仕掛けたことなのだ。それを光秀に嗅ぎつけられた」
「港に出る尾根道は?」
「10人を出して完全に偽の抜け忍村からの尾根道を塞いだ。抜け忍村からしか港に行けない。だが修験場はどうする?」
「このリーもそこにいた。あそこは問題ない。だが港は要注意だ」
「建物はすべて解体して元の材木の積み出しの姿に復元をしたわ。港の底はそのままだが外からは分からんからな」
「一度日本を離れる前に柳生を覗いてくる」
 服部ばかりに目が言っていたようだ。だがこれからは柳生だ。









スポンサーサイト

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

yumebito86864

Author:yumebito86864
夢人です。『夢追い旅』『ぽろんの女』『空白』『刺青』と書き続けてきましたが、すべて古いノートから書き起したものです。今回は初めて時代物でこれは私の夢の中で永い時間をかけて育ったものです。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR