復讐の芽 ***藤林長門守***
復讐の芽 ***藤林長門守***
伊賀の統一7
 夜半に三好の屋敷の大屋根に上る。屋敷は侍が取り巻いている。それで隣の屋敷から屋根伝いに来た。三好長慶の部屋はこの下にある。瓦を外して屋根裏に入る。さっそく手裏剣が柱に突き刺さる。茉緒はそのまま空に飛んで梁にぶら下がる。忍者は柱の手裏剣の位置まで来て忍剣を構えている。
 茉緒は得意の木霊を耳元で囁く。忍者が振り返ったと同時に飛びついて首の骨を折った。この分ならまだ忍者は潜んでいる。三好も松永弾正を警戒している。だが単独では弾正を排除できない勢力になっている。長慶の真上に来たはずだ。隙間から覗いてみるが長慶が確かに眠っている。茉緒は糸を垂らすと液を流す。眠り薬だ。
 ゆっくりと飛び降りる。たが着地すると体をひねって襖から飛び出した影をねじ伏せる。女忍だ。そのまま気絶させ襖の後ろに戻す。すべるように棚の硯の箱を開ける。弾正の言っていた通り手紙が入っている。素早く胸に仕舞い込むと屋根裏に飛び上がる。
 大屋根に戻ると百地の忍者が三方から構えている。
「逃がすわけにはゆかぬ」
「百地か?」
「服部か?」
 その言葉と同時に三方から切り込んでくる。茉緒は一か八か思切り前に飛び上がり体をひねって堀に飛び込む。
 その夜その足で松永弾正の部屋を訪ねて手紙を渡す。
「堀に飛び込んだのか?」
と言いながら文字を追っている。
「六角と手を結んだ。いよいよ儂は用済みだな」







スポンサーサイト

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

伊賀の統一6
 茉緒は凛に茉緒とそっくりの化粧をさせ奈良の荷隊を引かせた。もう堺までの街道で襲われることはなくなっていた。茉緒は夜を走って荷隊より2日早く堺に着いた。弾正は今井の寮にいるという。茉緒は化粧を施して色町の女として屋敷に入った。屋敷の周りに忍者の気配がする。
「茉緒か早かったな」
 廊下には侍が警備している。
「百地の忍者がいますよ」
「そうなのだ。三好との関係が悪くなった」
「あの老人は?」
「果心居士のことか?柳生に行かせている」
「警備を?」
「まだ襲われることはない。実は三好長慶も今堺にいる。先程六角家の藤林の忍者が文を届けに来た。長慶の硯箱に入っている」
「それがどうして?」
「こちらも間諜を使っているが盗み出す力はない」
 弾正は三好の屋敷の間取り図を出して印を入れる。
「荷隊の仲間は?」
「5人連れてきています」
「到着したらしばらく寮の警護を頼む」
 どうも松永弾正は今は追い込まれている感じだ。果心居士を手元から放すのは余程のことだ。目がぎらついている。



テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

伊賀の統一5
「服部が抜け忍村を今年に入って5件攻め取っている。豪族の取り合いも激化している」
「それで探索の仕事が増えてるわけね」 
 探索は薬売りの裏稼業で、凛が取りまとめしている。
「今何人出している?」
「女子供も入れて16人よ」
「伊賀のせめぎ合いはどう?」
「やはり1歩リードは服部だわ。伊賀の豪族の半分は服部に押さえられたよ。これから伊賀はどうなるの?」
「伊賀の争いより国同士の争いが怖いわ。私は今井の旦那に松永弾正に会うように言われている」
「京へ?」
「堺に来てるようよ。雪が降る前に奈良と堺を往復する」
「今度はついていくよ。最近はやたらと抱かれとるから姉さんは」
「そんなの分かるの?」
「死ぬほど抱いてる私には分かる。でも嫉妬せいへんで。くの一やからな。姉さんは男に戻る?」
「もう立派な女やよ。今考えていることがある。夢の話してるやろ?だんだん藤林に引き寄せられている。これは父の術がかかっている。復讐をしてくれと言っている」
「復讐するの手伝う」
「そのためには松永弾正の力が必要なの」
 いつの間にか凛は素裸になって飛び掛かってくる。茉緒は気を抜くと抱きすくめられて身動きが取れなくなる。凛は膣で男を動けなくして絞め殺す技ももっている。どちらかというと本物のくの一だ。







 

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

伊賀の統一4
 落ち延びた抜け忍たちを空き小屋や道場に引き取った。茉緒は子供たちの薬売りを7人ばかり連れて名張に入った。慎吾からの繋ぎが入ったのだ。名張の豪族を藤林に引き入れたそうだ。約束の旅籠を訪ねると部屋に入った。
「松永弾正と組んだようだね?」
「早耳ね」
 今日は化粧は名張に入ってした。凛に見破られそうなのだ。凛は最近毎晩求めてくる。
「調べてみたが15年前奥方がお館を抱きかかえているところを背中から小頭が突きを入れたがのが急所を外れ、奥方が担当で脇腹を割いたというのだ」
「どうしてわかった?」
「当時の逃げた女中を見つけたのだ。火を放った小頭は女中をしていた自分の女房もその場で殺したようだ。それからお館の一人息子を殺しに部屋に入ったが殺したはずのお館が抱えて火の中に消えた」
「お館は息子を抱いて逃げた?」
「今のお館も知らない床下の地下道がある」
 やはり私を抱えて走ったのは父だ。
 明りを消した慎吾の手が紐をほどく。茉緒は抱えるように腰を上げて慎吾を迎え入れる。
「なぜ茉緒は藤林家に興味がある?」
「いずれ話す時が来るわ」
 将軍よりはるかに慎吾の方が大きい。







テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

伊賀の統一3
「砦には30人ほどの服部の忍者が取り囲んでいます」
 すでに何度か攻撃をして抜け忍村の死体が何人も転がっている。服部も3人ほど倒れている。源爺は下忍が運んできた火薬玉の用意をしている。凛も戻ってきて控えている。今回は吹っ飛ばす威力のある火薬玉だ。下忍に持たせて山側に上る。茉緒たちは切り込む体制だ。
 爆発が至る所で起こる。同時に茉緒たちも飛び出す。服部の忍者は大混乱をしている。源爺の狼煙が空高く上がっている。砦からも10人ほどが切り込んでくる。火薬の威力は大きく半分ほどが傷ついたり倒れている。茉緒はもう3人を切って小頭らしき男と対峙している。
「何ものだ」
「服部か」
と言うなり飛び上がり切りつけてくる。茉緒は決して剣を交えない。体を落として刷り上げるように構える。
「藤林か?藤林のお頭と戦ったことがある」
 父の剣と似ているのか。男は左右に移動しながら切り込んでくる。だが茉緒の刀は蛇のように地面を這って瞬間に鎌首を上げる。男は股を切り上げられている。半刻の戦いで服部軍団は全滅した。抜け忍村も半分が倒れている。こちらも1人切られた。
「すぐにここを出るのだ。必ず次が来る」
 お頭が合図して生き残った女子供13人と男5人を連れて引き上げる。






テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学



プロフィール

yumebito86864

Author:yumebito86864
夢人です。『夢追い旅』『ぽろんの女』『空白』『刺青』と書き続けてきましたが、すべて古いノートから書き起したものです。今回は初めて時代物でこれは私の夢の中で永い時間をかけて育ったものです。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR